[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[1204] レメディ

今日は2回目のレメディの日。レオンくんに会えるのもレメディDAYの楽しみなのであります

今回はドーニがリラックスできるレメディを処方してもらいました。
というのも、私たちから見ててもそうなのですが、ドーニは規則に忠実なタイプだそうなのです。ルールを守って安心する。だから飼い主が言ったことを守って、これやったよ!ってことに自分自身で喜びを感じているらしいのです。
だから真逆の性格のタリ、自由人(犬)、マイペース、自分がイヤなものはイヤ、本当はやればできるから環境によって使い分けをする(悪く言えばずる賢い?)など、規則が守れないタリを怒ったりしつつも、我慢強いがためにボクは2番でいいです?と黙っていてストレスを感じることがあるということでした。
でも、本当にその通り!オヤツ前などにドーニとタリを座れ♪させた時、タリはたまに興奮してすぐに座らず地団駄踏むときがあるんですけど、それをすぐに座れをして横目で見ているドーニが『お前なんで座らないんだよ??』とポカッ、ガウッっと怒るのです。私は座れ!座れ!と繰り返さず1回の指示で聞いてもらえるようにと頑張っているので座るまで見ているのですが、その前にすぐに反応しない、ルールが守れないタリにイライラするようです(笑)先生には、ドーニがタリを怒る前に飼い主がタリを叱ること。とアドバイスいただきました。犬の世界も奥が深いのねぇ?。
私たちも普段抱っこやオヤツの順番など、ドーニを先に・・・としてはいるのですが、タリの人なつっこさに甘えさせてしまうこともありました。ドーニに特別感を与えるためタリは今回もレメディは処方してもらわず、ドーニだけ。タリはそういうことも全然気にしない性格だし、特に問題がなく必要ないそうです。先生からは自由奔放なのがいいところであるから、そこをグングン伸ばしてあげていった方がよいとお聞きしたので、今のままの無邪気さを失わないような方法でゆっくりやっていこうと思っています。躾の方法もタリの場合はきつめ、ドーニは褒めて伸ばす方法が合っているみたい

レメディの後はLeonくんと夕食をいただきました。
レオンくん、ママのお膝の上でウトウト。気持ちよさそう?。
 

右のレオンくんは私に抱かれてママを待っているところ。目線だけはママの方向でウルウルこんなお目々で見つめられたらたまらないです


そして、今日はレオンくんのおねえちゃまに抱っこしてもらったタリ誘惑に負け気味で抹茶パフェをクンクン?。でも、そこはさすがイタグレ飼いのおねえちゃま同じ年の子でもこんなにイタグレを上手に扱えるのは飼っているからこそ!でしょうお口を押さえてもらいましたいっぱい抱っこしてくれてありがとうね?
スポンサーサイト

日常 | Comment-│19時頃 |

| main |

プロフィール

baurutaku

Author:baurutaku
実家のワン's
*卓* Wire Fox Terrier   
1998年7月21日生まれ 女の子

*カイト* Toy Poodle 
2000年8月15日生まれ 男の子

我が家のワン's
*ドーニ* Italian Greyhound
2004年11月5日生まれ 男の子

*タリ* Italian Greyhound
2005年5月3日生まれ  女の子

フリーエリア

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。